2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アサヒとキリン、年内でビール券販売を終了

1 :油すましφ ★:04/05/16 17:05

◆ビール券効果泡と消え アサヒとキリン、年内で販売撤退

 かつてはお中元の定番だったビール券の販売を、アサヒ、キリンのビール大手2社が12月末で
やめる。69年以来続くビール券だが、販売券数の8割を占めた2社の撤退で手にする機会はめっ
きり減りそうだ。背景には、ビールの流通経路の変化に加え、酒店ではビール以外の飲料も購入
できるために、メーカーにとっての販売促進効果が薄まったことなどがある。

 ビール・発泡酒には、メーカーが卸売業者に出荷する際の希望卸売価格と小売店向けの希望
小売価格が設定されている。両社はビール券撤退の理由を、希望小売価格を廃止するためと説
明する。

 主力の市販拠点が、従来の酒店から大型ディスカウント店やスーパーなどに代わり、値下げ
合戦が常態化。メーカー側の設定価格で取引されることはほとんどない。そこで、出荷価格は残
すが、小売価格をやめることにした。この結果、ビール券の隅に入れていた価格(販売業者の取
り分を除く)が表示できなくなる、という理屈だ。

 かつては重い瓶入りビールが主流だったので、ビール券は贈答用として重宝がられた。年間発
行枚数は96年にキリンが1億枚、97年にはアサヒが8千万枚を超えたが、以後は年々減少。いま
はアサヒとキリンがそれぞれ約6千万枚、サッポロは約3千万枚で、サントリーが約130万枚だ。

 メーカー側の本音は、「ライバル社のビールにも、ビール以外にも交換できる販売店が多い。
だから、売り上げ増には、つながらない」だ。

 ビール券そのものの流通では、メーカー、卸売、小売の各段階で取り分(マージン)をのせる。
一方、店で使われた券はメーカーが回収し、枚数に応じて手数料を払う。

 各メーカーとも、発行コストと手数料をマージンで賄い、「券そのものでは利益も損も出ていない」
(アサヒ)。結局、ビールに交換されなければ利益が出ない。

 券を年間数十億円売り上げ、数千万円の利益を上げる酒卸大手の日本酒類販売も「偽造や詐欺
なども多く、回収時の人件費などのコストがかさむ」という。東京都内のある酒店主は「売っても
それほど利益はなく、換金まで時間がかかる」と、廃止を歓迎する。

 サッポロビールは「ビール券と言えば『サッポロ』という生き残り方もある。販売券数を増やせば
コストも下がる」と当面は販売継続の意向だ。全国酒販協同組合連合会(東京)も「消費者ニーズ
は存在する」として、年間約6千万枚の共通ビール券の販売継続を決めた。

http://www.asahi.com/business/update/0516/005.html


2 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:04/05/16 17:06

( ´_ゝ`)フーン

3 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:04/05/16 17:07

2なら尿道につまようじ

4 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:04/05/16 17:19
新聞の景品何になる?
それが心配。

5 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:04/05/16 17:45
偽物を大量に作られて、どうしようも無くなったからじゃないのか?

6 :恵比寿ビル:04/05/16 18:47
( ´_ゝ`)フーン
さすがラガーやスーパードライみたいな糞ビール作ってる会社だね。
金儲けの事しか考えてない。

7 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:04/05/16 21:58
新聞拡張団ウザイ


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)